コイト電工
フラット型灯器

代表的な灯器

平成22年以降日本海側を中心に警交1014仕様として導入され、コイト製の雪害対策灯器の主流となる。フードはなく、斜め下向きに設置されている。

画像コードをクリックすると
拡大画像・年式・型式・場所・コメントなどの詳細が
見られます。