<愛知県> 黄・黄予告信号(この先○m信号機あり)

黄・黄(「この先○m信号機あり」)

↑2005/7撮影 ↓2014/11撮影

撮影 名古屋市中川区 掲載 2005/8/8 差し替え追加 2022/5/28

以前は、背面板と旧仕様の「この先〇m信号交差点」標示板が併設されていましたが、現行仕様の標示板に交換され、さらにその後、必要性が低下したためか撤去されました。


撮影 愛知県豊川市 掲載 2022/4/20

以前は、背面板と旧仕様の「この先〇m信号交差点」標示板が併設されていましたが、現行仕様の標示板に交換されました。


撮影 愛知県稲沢市 掲載 2022/5/28

以前は、背面板と旧仕様の「この先〇m信号交差点」標示板が併設されていましたが、現行仕様の標示板に交換され、さらにその後、薄型灯器に交換されています。

左右でレンズが異なっていました。


撮影 名古屋市緑区 掲載 2022/2/14

前方の信号に関係なく常時左右の黄が交互点滅しています。現行の愛知県の予告信号の標準仕様で、信号灯器の記号が描かれた「この先○m信号機あり」の標示板が併設されています。

以前は、背面板と旧仕様の「この先〇m信号交差点」標示板が併設されていました。


撮影 名古屋市中川区 掲載 2022/2/14

以前は、背面板と旧仕様の「この先〇m信号交差点」標示板が併設されていましたが、現行仕様の標示板に交換されました。現在は薄型灯器に交換されています。


撮影 名古屋市港区 掲載 2022/6/9

以前は、背面板と旧仕様の「この先〇m信号交差点」標示板が併設されていましたが、現行仕様の標示板に交換されました。その後、薄型灯器に交換されました。



↑2004/9撮影 ↓2022/2撮影



撮影 愛知県安城市 掲載 2004/10/6 画像追加 2022/4/20

カーブの前後に信号交差点があるため、予告信号の2位式灯器を上下連結しています。以前は、背面板と旧仕様の「この先〇m信号交差点」標示板が併設されていましたが、現行仕様の標示板に交換されました。



↑2014/9撮影 ↓2014/11撮影

撮影 名古屋市港区 掲載 2022/5/28

以前は、背面板が併設されていましたが、背面板が撤去され、さらにその後、低コスト灯器に交換され現行仕様の標示板が併設されました。交差点までの距離が220mと長いため、当初は標示板が併設されていなかったと思われます。