<愛知県> 角型灯器に背面板

角型灯器に背面板(縦型灯器)








撮影 名古屋市中川区 掲載 2006/3/25 差替え追加 2017/1/1

高架下のロータリー型交差点で主灯器として設置されていた300φ縦型灯器(表蓋)です。灯器は高架下の設置で暗く、背景が明るいので、灯器を目立たせるために背面板が設置されていました。

※正面から撮影すると灯火の色飛びが激しいため、一部で信号が変わる瞬間の画像を採用しています。

平成28年度工事?で、薄型灯器に交換されたようです。


撮影 愛知県知立市 掲載 2004/10/6

高架下の縦型補助灯器です。背景が明るいので、灯器を目立たせるために背面板が設置されているようです。


撮影 愛知県安城市 掲載 2004/10/6

「歩行者専用」の縦型灯器です。白塗装が剥げて、地の緑色が見えています。


撮影 愛知県豊川市 掲載 2006/3/25

「自転車専用」標示板と一体になった背面板です。


撮影 愛知県豊川市 掲載 2006/3/25

「自転車専用」標示板と一体になった背面板です。

撮影 名古屋市港区 掲載 2003/9/15

「歩行者専用」の縦型灯器です。

角型灯器に背面板(横型灯器)
撮影 名古屋市北区 掲載 2003/9/15

歩道橋に設置されているため、背面板が残されています。

撮影 名古屋市東区 掲載 2003/9/15

歩道橋に設置されているため、背面板が残されています。

撮影 愛知県知立市 掲載 2004/10/6

高架に設置されているため、背面板が残されています。この場所に2組設置されています。

撮影 愛知県知立市 掲載 2004/10/6

高架手前に設置されているため、背面板が残されています。

撮影 愛知県西尾市(旧吉良町) 掲載 2006/3/25

歩道橋に設置されているため、背面板が残されています。


撮影 名古屋市中村区 掲載 2006/3/25

歩道橋に設置されているため、背面板が残されています。



撮影 愛知県岡崎市 掲載 2006/3/25

歩道橋に設置されているため、背面板が残されています。

撮影 名古屋市天白区 掲載 2006/3/25

「時差式」標示板と一体になった背面板です。