<石川県> 試験的な意味合いの強いLED式灯器

フードレス灯器(信号電材)





撮影 石川県かほく市 掲載 2020/8/17

この横断路の上下線の灯器として2台設置されていますが、南進用は横型灯器(形式「1H303L」)、北進用は縦型灯器(形式「1V303L」)を横型設置したものです。

着雪や風の影響を受けにくくするためにフードレス化した灯器です。フードレス専用筐体で、フードの取付け穴が初めから開いていません。

石川県のほか、北海道、岩手県、埼玉県、鳥取県で数基のみ試験設置されていますが、縦型灯器は北海道と石川県だけです。(縦型設置したものは北海道のみです。)

フラット型灯器

撮影 石川県金沢市 掲載 2010/9/11

R8の「南新保南」交差点に試験設置されているフラット型灯器です。平成21年度末現在、県内ではこの1箇所のみで設置されています。フードが無く、積雪や風に強いということでの設置ですが、正面から雪が吹き付けたときに、灯器表面に雪がびっしり付いて、灯火が見えなくなることはないのでしょうか。

TYライトのLED式灯器
撮影 石川県金沢市 掲載 2003/12/23

従来の樹脂製灯器にLED式ライトと無色レンズを装着したタイプです。矢印灯器は電球式です。