<山梨県> 1位・2位・変則配列3位・4位以上

「信号機」標示板つき複数方向1灯点滅

撮影 山梨県甲州市 掲載 2008/6/23

山梨県の複数方向1灯点滅灯器には「信号機」の標示板が設置されています。山梨県には複数方向1灯点滅の信号機を「信号機」と思わない人が多いのでしょうか? なお、3位式灯器のある交差点に設置された1位式灯器には「信号機」の標示板は設置されません。


撮影 山梨県笛吹市 掲載 2008/6/23

主道路が一方通行となっているため、一方通行の入口側の灯器は設置されておらず、3方向1灯点滅となっています。


撮影 山梨県笛吹市 掲載 2008/6/23

主道路が一方通行となっているため、一方通行の入口側の灯器は設置されておらず、3方向1灯点滅となっています。

黄・不明・黄(「この先信号機あり」)
撮影 山梨県笛吹市 掲載 2008/6/23

前方の交差点の信号とは関係なく、常時、左右の黄が交互点滅します。真ん中は点灯しないため何色か分かりません。なお、山梨県内では予告信号自体ほとんど見かけなかったため、この方式が山梨県の標準かどうかは不明です。

黄・黄・赤(変則交差点)
撮影 山梨県甲府市 掲載 2008/6/23

クランク形交差点で対向車の動きに注意が必要なため、青信号ではなく黄点滅になります。



撮影 山梨県甲府市 掲載 2008/6/23

「オ」形交差点で対向車と斜めに交差することになるため、青信号ではなく黄点滅になります。

撮影 山梨県甲府市 掲載 2008/6/23

「┼┴」形交差点で、同じ方向から2本の道路が交差していますが、その両方に黄点滅を表示してそれぞれの車両を同時に進入させます。

黄・黄・赤(連続交差点)

撮影 山梨県笛吹市 掲載 2008/6/23

合流交差点の先に交差点のある連続交差点です。側道側が通行できるときは先の交差点が必ず赤信号になっており注意が必要なため、側道側の信号は青にならず黄点滅になります。

赤(踏切隣接「予告灯」)

撮影 山梨県市川三郷町 掲載 2008/6/23

踏切に隣接する信号交差点の「予告灯」です。前方の交差点の信号とは関係なく、常時、赤点滅します。前方の信号に連動しない予告信号としては大変珍しい赤点滅です。踏切用信号と誤認してしまう可能性があるため、常時赤点滅にしているのでしょう。「予告灯」はあくまで予告なので、この信号に従う必要はありません。(ただし、当然踏切では道路交通法に従って一時停止が必要です。)

※日没後の撮影です。

赤・赤(「消防車出動」時用)

撮影 山梨県甲府市 掲載 2008/6/23

消防署出張所の緊急車両車庫前に設置されています。緊急車両が出動するときに作動すると思われます。

灯器の形式が「2H21」(2面、横型、直径250mm、1位式)となっていることから、1位式の2面灯器を2つつないだものだと思われます。