<山形県> レンズ・灯器

融雪ヒーター付きレンズ

撮影 山形県山形市 掲載 2020/12/27

LED式の灯火はあまり熱を発せず、レンズに着雪があっても溶けにくいため、もっとも重要な赤灯のレンズの中心部分に融雪ヒーターを取り付けています。


撮影 山形県酒田市 掲載 2020/12/27

もっとも重要な赤灯のレンズに融雪ヒーターを取り付けています。前のタイプよりもヒーターの面積が大きくなっています。


撮影 山形県酒田市 掲載 2020/12/27

もっとも重要な赤灯のレンズに融雪ヒーターを取り付けています。低コスト灯器でレンズ径が小さくなったこともあり、ヒーターかなりの面積を覆うようになりました。

青だけ直径300mm(その他は直径250mm)



撮影 山形県山形市 掲載 2009/6/19

青のみ直径300mmレンズです。樹脂製灯器で黄ばみが見られますが、青の蓋のみ黄ばんでいないため、蓋ごと交換されたようです。通常青信号の「押ボタン式信号」のため、青の点灯時間が極端に長く、レンズ焼けしてしまったと思われます。

現在は、アルミ製灯器に交換されています。